(東北フリーブレイズ)【東京ヴェルディとの連携について】

このたび、東北アイスホッケークラブ株式会社(東北フリーブレイズ)は、一般社団法人東京ヴェルディクラブと、子どもたちをはじめ、多くの方々にさまざまなスポーツとの出会いと体験の提供、次世代へのスポーツ文化の継承の取り組みを実施するため、連携することとなりましたので、お知らせいたします。

この連携を記念し、2月4日(土)、5日(日)にダイドードリンコアイスアリーナ(東京都西東京市)で開催しますアジアリーグアイスホッケー2022-2023ホーム戦にて、東京ヴェルディカラーのスペシャルユニフォームを着用して試合を行うとともに、コラボレーションイベントを開催します。

東北フリーブレイズは、たくさんの方にアイスホッケーを楽しんでいただきたいという思いから、東京ホーム戦を開催してまいりましたが、新型コロナ感染症拡大の影響を受けて、2020年以降東京ホーム戦を見送っておりました。この度、東京ヴェルディクラブとの連携を経て、以前にもまして魅力的なホーム戦を開催し、関東圏を中心としたより多くの方にアイスホッケーを観戦していただき、アイスホッケーに親しんでいただきたいと思っております。

報道関係の皆様方におかれましては、本件の告知にご協力いただきますと共に、この記念の試合をぜひご取材いただけますようお願い申し上げます。

【連携内容】

さまざまなスポーツとの出会いと体験機会の提供

●サッカーをはじめ、東京ヴェルディクラブに加入する様々なスポーツを応援し、そのスポーツに取り組む子どもたち、また東京を中心とした関東圏の方々を中心に、なかなか体験できないウィンタースポーツであるアイスホッケーの観戦や体験の機会を提供する。

●東北フリーブレイズファンや東北の子どもたちに、東京ヴェルディクラブに加入する様々なスポーツの体験教室などの機会を提供する。

人材交流

●総合化を目指す東京ヴェルディクラブの培った試合運営やチームマネジメントの知見と、東北フリーブレイズのウィンタースポーツならではの運営で培った知見とを人材交流を通して共有し、スポーツ文化の発展に寄与する。

連携の背景と目的

東北フリーブレイズは、スポーツを通じて次世代の育成と地域振興を図り、またアイスホッケーの普及と発展に寄与することを使命として活動しています。また東京ヴェルディクラブは、スポーツの力を中心に「世界で活躍する人材を育てること」をミッションに掲げています。

このように私たちは、未来を創る人材をスポーツが育成すると同時に、社会の発展に寄与する力を持つことを信じ、現在のスポーツの在り方や子どもを取り巻く環境をよりよくするための一助となり、未来のスポーツ文化を創り、継承していきたいという共通の思いを抱いております。

しかしながら、現在の日本国内では、子どもたちがスポーツを自由に行う環境が難しいものとなりつつあります。少子化による学校の部活動におけるチームスポーツの体験機会の減少、コロナ禍による行動制限やさまざまなスポーツイベントの中止による、スポーツの観戦・体験機会の減少があります。

さらに公園では大声を上げる、ボール遊びが禁止・制限される事例があるなど、子どもが全力で遊ぶ場所もなくなりつつあり、日本社会の中で、身体を動かしたり、スポーツを体験したりする機会が全体的に少なくなっていると言わざるをえません。

スポーツ庁が2022年12月23日に発表したデータでは、令和元年以降、小中学生の体力が非常に低下していること、肥満傾向児が増加していることなどが示され、健康へのリスクも指摘されています。

(参考:スポーツ庁令和4年度全国体力・運動能力、運動習慣等調査結果)

https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/toukei/kodomo/zencyo/1411922_00004.html)

このような状況がある一方、カタールで開催された2022FIFAワールドカップにおける日本代表の躍進とそのプレーする姿は、人々に大きな夢と感動を与えるというスポーツのすばらしさを伝えてくれました。また我々東北フリーブレイズは昨年12月に行われた第90回全日本アイスホッケー選手権大会において優勝を果たしたことで、地域やファンの方々から多くの反響をいただき、チームに課せられた使命をより強く感じております。

だからこそ、私たちはこの連携を通して、スポーツのすばらしさを伝える方法や手段の多様化を模索し、その質を向上させていきます。また次世代を担う子どもたちに、さまざまなスポーツを体験する機会を提供し、子どもたちが自身に合った楽しいと思えるスポーツに出会えるようにサポートしていきます。この取り組みが、夢を持ち、目標に向かって主体的に行動できる人材の育成につながると同時に、スポーツ文化の次世代への継承につながると考え、この連携をより充実したものにしていけるよう、相互に努力してまいります。

【東北フリーブレイズ 東京開催ホームゲーム日程】

■名称 アジアリーグアイスホッケー2022-2023

東北フリーブレイズ 対 横浜グリッツ

■日時 2023年2月4日(土) ファンクラブ先行入場14:30 一般開場15:00 試合開始17:00

2023年2月5日(日) ファンクラブ先行入場11:30 一般開場12:00 試合開始14:00

■会場 ダイドードリンコアイスアリーナ 東京都西東京市東伏見3丁目1-25

https://asiaicehockey.com/access/413

【連携記念試合イベント内容】

■4日・5日は東北フリーブレイズと東京ヴェルディとの連携記念コラボレーションユニフォームを着用して試合を行います。

■東北フリーブレイズ公式マスコット「ブレイジー」と東京ヴェルディ公式マスコット「リヴェルン」のオリジナルコラボステッカーを来場者の皆様にプレゼントします。(各日先着1,000名様限定)

■4日(土)、東京ヴェルディクラブの紹介および東京ヴェルディクラブ、eスポーツチームの『ひゅーが』選手が記念ファイスオフを行います。また、東京ヴェルディチアダンスチーム『VENUS』によるパフォーマンスも行う予定です。

■5日(日)、東京ヴェルディ公式マスコット「リヴェルン」が来場し、試合を盛り上げてくれます。記念フェイスオフはセパタクロチーム『青木沙和』選手が行います。試合終了後にはふれあいスケートタイムを実施する予定です。リヴェルン、ブレイジーや東北フリーブレイズ選手とふれあえるリンク開放のイベントです。参加をご希望の方は下記HPより注意事項をご確認の上、当日のお申込みください。

詳細は東北フリーブレイズHPをご覧ください。https://freeblades.jp/

【チケット】

チケット前売り券は東北フリーブレイズHPチケット購入ページにて発売中 https://tohokufreeblades.shop/

当日券は会場にて4日(土)は15時、5日(日)は12時より販売開始します。

【東京ヴェルディとの連携記念コラボレーションユニフォーム】

【東京ヴェルディクラブについて】

東京ヴェルディは、総合型クラブを目指して様々な競技に参入してきました。今後ますます多様化していく社会において、『多様な人材の育成』、『スポーツを通じた様々なエンターテイメントの提供』という点で総合型クラブとしての役割を果たしていきます。
また、多様な競技チームを運営し、育成・普及環境を充実させることで、子どもたちにスポーツに触れる機会を提供し、将来の可能性を拡げていきます。

詳しくは下記URLをご参照ください。
https://www.brand.verdy.co.jp/


東北フリーブレイズ公式サイト:【東京ヴェルディとの連携について】

TEAMS

H.C.栃木日光アイスバックス

ひがし北海道クレインズ

レッドイーグルス北海道

サハリン

東北フリーブレイズ

横浜GRITS

HLアニャンアイスホッケークラブ

プレーオフ:セミファイナル(TBD)

OFFICIAL PARTNERS