アジアリーグアイスホッケージャパンカップ2020 表彰結果について

2021年4月5日発行
プレスリリース


この度、アジアリーグアイスホッケージャパンオフィスでは、ジャパンカップ2020における表彰について、選考委員会での厳正なる審査を踏まえ、下記のように決定いたしましたので、お知らせいたします。

 

【表彰基準】

リーグ規約第5節(表彰)を準用し、下記の通りとします。

  • 最優秀選手賞: 当該シーズンで最も活躍した選手1名を選考委員会にて選出。ただし、下記の「除外条件」に掲げるいずれかの事項に当てはまる選手を除く。
  • ヤングガイ・オブ・ザ・イヤー賞: 2021年3月31日現在の満年齢が23 歳以下であり、半数以上の試合に出場した選手の中から、最も活躍した若い選手1名を選考委員会にて選出。ただし、下記の「除外条件」に掲げるいずれかの事項に当てはまる選手を除く。
    <除外条件>
    1. 前シーズンまでのレギュラーリーグにおいて、3/4 以上の試合に出場したことが1 シーズンでもある選手
    (試合数の計算は少数点切下げ)
    2. 以前に本リーグで表彰を受けことがある選手
    3. 外国籍である選手
  • ベスト・レフェリー賞: アジアリーグの審判員としてジャパンカップ2020において多大な貢献を認められたレフェリーまたはラインズマン1名を、レフェリー委員会が推薦し、選考委員会が承認して選出。
  • 最多得点賞・最多アシスト賞・最多ポイント賞・最優秀セーブ率GK賞: レギュラーリーグの記録に基づいて自動的に選出。ただし、最優秀セーブ率GK賞については、合計滞氷時間が、「(試合数÷2)×60 分」を満たした選手の中で、最もセーブ率が高いGKを選出。
  • ベストシックス賞:レギュラーリーグで最もチームに貢献した FW3名、DF2名、GK1名について、各チームの監督及び実行委員長による投票結果に基づき、選考委員会にて選出。

 

【表彰結果】

  • 最優秀選手賞:           中島 彰吾(王子イーグルス)
  • ヤングガイ・オブ・ザ・イヤー賞   齊藤 大知(ひがし北海道クレインズ)
  • ベスト・レフェリー賞        キモ・ホカネン  ※特別功労賞と併せて受賞
  • 最多得点賞             中屋敷 侑史(王子イーグルス)、中島 彰吾(王子イーグルス)  ※同率により2名選出
  • 最多アシスト賞           中島 彰吾(王子イーグルス)
  • 最多ポイント賞           中島 彰吾(王子イーグルス)
  • 最優秀セーブ率GK賞          ヤニス・オージンシュ(ひがし北海道クレインズ)
  • ベストシックス賞
    ベストFW(3名)           中島 彰吾(王子イーグルス)、古橋 真来(H.C.栃木日光アイスバックス)、中屋敷 侑史(王子イーグルス)
    ベストDF(2名)            橋本  僚(王子イーグルス)、デニス・シモン(東北フリーブレイズ)
    ベストGK(1名)            ヤニス・オージンシュ(ひがし北海道クレインズ)

 

【ご参考】

https://www2.alhockey.com/popup/102/point_rank.html
https://www2.alhockey.com/popup/102/gksp.html

 

アジアリーグジャパンカップ2020は日本スポーツ振興センターの競技強化支援事業助成金(トップリーグ運営助成)を受けて実施しました。

 

TEAMS

アニャンハルラ

デミョンキラーホエールズ

H.C.栃木日光アイスバックス

ひがし北海道クレインズ

王子イーグルス

サハリン

東北フリーブレイズ

横浜GRITS

OFFICIAL PARTNERS